「教育再生」Val66,2013.11月号

いよいよ決断のときは来たようだ。開国以来、日本人を長らく悩ませてきた”英語教育”の論争。日本のTPP参加表明から、ユニクロ、楽天といった英語社内公用化の企業が現れる一方で、英語による”日本植民地化”だ、日本の教育史上、英語教育が成功した例はない。

続き 英語教育大論争:世界で戦える英語教育を

Pocket