読む アーカイブ

グローバル視点の大切さ(向山洋一主宰『教室ツーウェイ』2014年2月号)

向山洋一主宰『教室ツーウェイ』2014年2月号 ”世界全体を見て、関わっていく力”は時代の要請であり、教室と地球をつなぐ授業では、日本語で思考力を深め、英語でコミュニケートする必要がある。 1.グローバル視点は時代の要請……

続きを読む

真にグローバルな人材とは、企業とは(京都大学公共政策大学院「公共空間」2014年1月号)

京都大学公共政策大学院「公共空間」2014年1月号 「グローバル人材教育」とは何か。一般社団法人「グローバル教育研究所」理事長であり、株式会社マルチカルチュアル・プレーイングフィールド(MPF)社社長でもある渥美育子氏に……

続きを読む

グローバル人材になる(「日経ビジネス臨時増刊:職場&働き方、未来予測」2013年12月)

「日経ビジネス臨時増刊:職場&働き方、未来予測」2013年12月 最初に押さえたいのが、グローバル化と国際化は違うということ。国際化とは、日本対外国という二元論的な発想で、日本国内のビジネスを海外に拡張するというスタンス……

続きを読む

グローバル人材の条件:「地球憲法」を考える(「日本教育新聞」2013.12.2)

「日本教育新聞」2013.12.2 「文化の世界地図」を基に独自のグローバル教育を提案する渥美育子氏による授業が11月8日、東京都立忍岡高校(浦部万里子校長、生徒675人)の一年生全員を対象に行われた。 続き:グローバル……

続きを読む

英語教育大論争:世界で戦える英語教育を(「教育再生」Val66,2013.11月号)

「教育再生」Val66,2013.11月号 いよいよ決断のときは来たようだ。開国以来、日本人を長らく悩ませてきた”英語教育”の論争。日本のTPP参加表明から、ユニクロ、楽天といった英語社内公用化の企業が現れる一方で、英語……

続きを読む